冠婚葬祭サービスはどんな時に必要?

冠婚葬祭サービスを賢く利用しよう

冠婚葬祭のサービス内容

冠婚葬祭という言葉をよく耳にしますが、どういう意味があるかご存知でしょうか。
冠婚葬祭という漢字のひとつひとつに意味があります。

冠という漢字は、成人式という意味を表します。
今の時代は、成人式という式は市区町村などでありますが、あまり成人式に何かをするという事はありません。
昔だと、成人するという事はとてもめでたいことであり、祝いの品をやり取りするという風習があったそうです。

婚は、結婚式の事を表します。
こちらに関しては、親族であったり周りの方々からのお祝いがあります。
そして、挙式や披露宴などのお祝いをする場もかなり豪華であり、高額のお金が動くという儀式でもあります。

葬という漢字は、葬式の事を表します。
葬式の事を言いますが、遺体の納棺から葬儀や火葬、納骨の事までの一連のサービスを業者が行っております。
葬式と言っても、結婚式と同様、豪華に故人との最後の別れを惜しむ会など、こちらも高額のお金が動く儀式とされています。

祭という漢字は、先祖の霊をまつる事全般を表します。
例えば、法事であったりお盆の事を指します。
なぜ、祭という漢字を使っているのかというと、先祖の霊をまつる事で親族や皆が集まるという事で、親族の絆を深め、繁栄を目指すという、祭り同様の行事であることから、祭という漢字が使われていると言います。

冠婚葬祭という言葉は、人間が産まれてから死ぬまでの行事であったり、それにまつわる家族や親族などが参加する行事全般の事を表しています。
日本人にとって、とても大事な行事の事に関わるサービス業はたくさん存在します。
様々な業者の中から、自分たちが必要としているサービス内容を見極めましょう。

おすすめリンク

墓石に刻む文字とは

知っていそうで、はっきりとは答えられない墓石の文字。どんな文字を刻むものなのか?